写真日和Ⅱ

ホーム > 季節の花 ― 夏

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.15 Wed 天龍寺の蓮

110724-01.jpg

110724-02.jpg

110724-03.jpg

110724-04.jpg

110724-05.jpg

110724-06.jpg

110724-07.jpg

110724-08.jpg

110724-09.jpg

110724-10.jpg

昨年エントリーできなかった“お蔵入りシリーズ”も、ついに最後のエントリーとなりました。
今回は、京都・嵐山にある天龍寺の蓮をエントリーします。

世界遺産にも指定されている天龍寺は、いまさら説明するまでもなく、京都を代表する観光スポットのひとつですね。
特に秋の紅葉シーズンともなれば、錦を織り成す嵐山を借景とした曹源池庭園の紅葉は格別で、国内外より非常に多くの観光客らで賑わいます。

ちょうど今の季節には、境内の放生池に植わる蓮が満開となり、やはり、早朝より多くのカメラマンが池に浮かぶ蓮の花を目当てにやってきます。
かくいう自分も、放生池の蓮を撮りたくて、昨年、早朝より訪れたうちの一人なのですが、撮影していると、池から「ボコッ」という音が何度も聞こえてきました。

初めは何の音かな…と不思議に思っていたのですが、もしや、この「ボコッ」という鈍い音の正体は、蓮の花が開くときに聞こえるという音なのかも…?と思い始めました。
もし、そうだとしたら、蓮の開花音を聞くと、「悟りが開ける」とか「成仏できる」とか「幸せになれる」などという言い伝えを聞いたことがあったので、自分の中ではすっかり開花音だと決め込んでいました。

とはいうものの、これまで、蓮の花が開くときは「ポンッ」という音がするというのは聞いたことがあったのですが、本当にあの「ボコッ」という鈍い音が蓮の開花音なのか?と疑わしく思い、帰宅後に調べてみると、様々な説があるなかで、自分が聞いた「ボコッ」という鈍い音がするという説も…。
しかし、実際には無音という説が主流になっているそうで、「ポンッ」とも「ボコッ」とも音はしないのだとか…。
では、あの「ボコッ」という音の正体は何だったのかというと、池の鯉だという、何とも夢のない結論に至りました…orz

蓮研究の権威といわれ、大賀蓮を発掘したといわれる故・大賀一郎博士によると、池に生息する鯉や鮒が水面の虫などを吸い込むときの音や、葉の露の玉が池に転がり落ちる音などが、人によっては「ポンッ」と聞こえ、転じて蓮の開花音と信じ込むようになったのでは…としたうえで、これらの音を、大賀博士は「風流音」と呼んでいたのだそうです。

「朝風や ばくりばくりと 花開く」 (正岡子規)
「蓮開く 音聞く人か 朝まだき」 (正岡子規)
「静けき朝音たてて白き蓮花のさくきぬ」 (石川啄木)

なるほど、「風流音」ですか…。
往年の文豪たちも聞いた「風流音」に耳を傾けながら、蓮を鑑賞するのも良いかもしれませんね。

【撮影日/2011.07.24】
スポンサーサイト

2012.08.10 Fri 京都府立植物園に咲く夏の花

110724-11.jpg

110724-12.jpg

110724-13.jpg

110724-14.jpg

110724-15.jpg

110724-16.jpg

110724-17.jpg

110724-18.jpg

昨年エントリーできなかった“お蔵入りシリーズ”の第9弾。
今回は、京都・北山の府立植物園に咲く夏の花をエントリーします。

この日は、午後から隣の京都コンサートホールで京都市交響楽団の定期公演を聴くことになっていたので、開演までの時間潰しのつもりで、フラッと植物園に立ち寄ったのですが、真夏の日差しが降り注ぐなか、園内では暑さに負けじと、沢山の花が咲いていました。

なかでも、小鬼百合(1・2枚目)をはじめ、山百合(3・4枚目)がちょうど見頃を迎えていたほか、向日葵(5・6枚目)も元気に夏空を見上げながら咲いていました。
また、この時期にひっそりと咲きながらも鮮やかなオレンジ色が目を引く檜扇(7枚目)も見頃を迎えていました。

さて、話は変わりますが、ロンドン五輪もいよいよ佳境を迎え、残すところ、あと2日となってしまいましたね。
連日、気になる競技が続いて、すっかり寝不足気味だという方も多いのではないでしょうか。
今回のロンドン五輪、皆さんは、どの競技、どの選手が印象に残りましたか?

本日未明から早朝(日本時間)にかけて行われた女子サッカーの決勝では、惜しくも強豪アメリカに惜敗してしまいましたが、堂々の銀メダル!
女子サッカー史上初のメダル獲得は、多くの日本人に感動と勇気をもたらしてくれました。

…というわけで、女子サッカー日本代表の健闘に敬意を込めて、最後の写真は、カワラナデシコ!

【撮影日/2011.07.24】

2012.08.09 Thu 當麻寺の百日紅

120729-41.jpg

120729-42.jpg

120729-43.jpg

120729-44.jpg

120729-45.jpg

當麻寺の伽藍にそびえ建つ国宝の三重塔、東塔と西塔。
創建時のまま、現在に至るまで両塔が揃って現存するのは全国唯一で當麻寺のみです。
2010年には、平城遷都1300年を記念して、創建以来初めて両塔が揃って開扉され、初層が特別公開されたことは大きな話題にもなりました。

そんな當麻寺のシンボルとでもいうべき東塔と西塔ですが、花の寺としても知られる西南院の境内から塀越しに、見事な百日紅がたくさんの花を咲かせて、西塔に彩りを添えていました。

【撮影日/2012.07.29】

2012.08.08 Wed 當麻寺の蓮と睡蓮

120729-31.jpg

120729-32.jpg

120729-33.jpg

120729-34.jpg

120729-35.jpg

120729-36.jpg

120729-37.jpg

120729-38.jpg

120729-39.jpg

120729-40.jpg

橿原の小房観音寺をあとに、二上山の麓にある當麻寺を久しぶりに訪れました。
當麻寺といえば春の牡丹。そして、奥院の冬牡丹が特に有名で、これまで何度か當麻寺へ訪れていますが、そういえば、牡丹の時期以外に訪ねたのは初めてでした。

今回、當麻寺を訪ねた第一の目的は、塔頭にある護念院の「妙蓮」を見てみたかったのですが、この日は、あいにく少し早かったのか、不発に終わってしまいました…。
とはいうものの、妙蓮の蕾(4枚目)はだいぶ膨らんで「開花近し」といった感じで、なかには、開き始めていた妙蓮(5枚目)もありました。

さて、妙蓮は、蓮のなかで最古の品種といわれ、日本へは9世紀半ば頃に慈覚大師・円仁が遣唐使となって持ち帰ったとされています。
上の写真にも判るように、妙蓮の蕾は、ほかの蓮の蕾とさほど変わりないのですが、開花すると、花弁がなんと2000~8000枚にもなるそうで、もはや、「八重咲き」ではなく「千重咲き」の非常に珍しい蓮なのだそうです。
そんな非常に珍しい蓮を、一目でも拝みたかったのですが、自然のことゆえ、次回以降へのお楽しみ…ということで。

残念ながら妙蓮を拝むことは叶わなかったのですが、當麻寺の金堂と本堂の間にある蓮池では、大賀蓮が見頃を迎えていました。
一方、冬牡丹で知られる奥院の境内にも、蓮鉢が整然と並べられていましたが、こちらは、あいにく見頃が過ぎていたようで、数輪ほどしか咲いていなかったのですが、奥院本堂裏手にある浄土庭園の池では、睡蓮がちょうど見頃を迎えて、可愛らしい花を開かせていました。

また、藤の花で有名な塔頭の宗胤院の前庭では、擬宝珠(6枚目)や白鳥草(7枚目)なども見られました。

【撮影日/2012.07.29】

2012.08.04 Sat 藤原宮跡の女郎花

120729-21.jpg

120729-22.jpg

120729-23.jpg

120729-24.jpg

120729-25.jpg

藤原宮跡で蓮の撮影中、傍らで女郎花(オミナエシ)が咲いていることに気がつきました。

「女郎花」…。
漢字で書くと何とも艶っぽい印象を持ってしまいますが、「女郎」とは、元々、若い女性の俗称だったそうで、江戸時代になってから「遊女」の別称として用いられるようになったのだそうですね。

ひぐらしの 鳴きぬる時は をみなへし 咲きたる野辺(のへ)を 行きつつ見べし 
(秦八千島/万葉集第十七巻)

秋の七草のひとつとして数えられ、万葉集にも度々登場する女郎花。
畝傍山を背に、藤原宮跡で咲く女郎花は、どこか古(いにしえ)の万葉ロマンを感じさせてくれるようです。

【撮影日/2012.07.29】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。