FC2ブログ

写真日和Ⅱ

ホーム > スポンサー広告 > スポンサーサイトホーム > 季節の花 ― 春 > 長岳寺の杜若

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.14 Mon 長岳寺の杜若

120513-01.jpg

120513-02.jpg

120513-03.jpg

120513-04.jpg

120513-05.jpg

120513-06.jpg

120513-07.jpg

120513-08.jpg

120513-09.jpg

120513-10.jpg

「関西花の寺第十九番」に指定されている天理・柳本の長岳寺。
824年に淳和天皇の勅願により弘法大師が開基したと伝わる長岳寺は、本尊の阿弥陀三尊像をはじめ、狩野山楽の筆による「極楽地獄図」など数多くの文化財を所蔵する古刹で、日本最古の道とも云われている、古代ロマンあふれる「山の辺の道」のほぼ中間地点に位置しています。

さて、長岳寺といえば、参道や境内を埋め尽くすように植わる平戸躑躅の名所として知られていますが、今年は、開花が遅れたものの、ちょうどゴールデンウィーク過ぎに満開となり、訪れた日には、残念ながら既にほとんどの花を散らして、見頃は完全に過ぎてしまっていました。
しかし、長岳寺のもう一つの主役ともいえる杜若が、今が盛りとばかりに、ちょうど満開見頃を迎えており、新緑の青もみじに包まれるように放生池を彩っていました。

【撮影日/2012.05.13】

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。