FC2ブログ

写真日和Ⅱ

ホーム > スポンサー広告 > スポンサーサイトホーム > その他 > 金環日食

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.21 Mon 金環日食

120521-01.jpg

120521-02.jpg

120521-03a.jpg

120521-04.jpg

120521-05.jpg

120521-06.jpg

120521-07.jpg

今朝(21日)、全国各地で賑わせた世紀の天体ショー「金環日食」。
日本の広い範囲で観測できたのは平安時代の西暦1080年以来932年ぶりだそうで、大阪では282年ぶりなのだとか。
そんな、滅多とない千載一遇のチャンスを逃すまいと、早起きして東の空を眺めていました。

午前7時前から自宅ベランダに出て、日食グラスを透して空を見上げると、薄雲の切れ目から三日月状の太陽がお目見え。
時間の経過とともに、三日月状の面積が狭くなっていき、何気に辺りも薄暗くなってきたように感じました。

ここまでは、3年前の皆既日食時の部分日食とあまり変わりなく、このまま、無事に金環日食が観測できることを、ただ祈るのみ…。

しかし…。

大阪市内の自宅上空では、肝心の午前7時25分頃から厚い雲が流れだしてくるではありませんか…。
早く雲が過ぎ去って欲しい…というイライラ感に反して、金環日食の時間帯に差し掛かると、なんと、雲の流れが止まってしまい、リングは厚い雲のなか…orz

あ~あ…、と諦めかけた、その時!
ほんの一瞬だけですが、薄雲の中からリングが見えました!!
時間にして、おそらく3~5秒くらいでしょうか。

金環日食を見ながら感動~!なんていう余裕もなく、その一瞬で何とかカメラに収めることができたのが3枚目です…(^^;ゞ
その後、しばらく厚い雲に覆われ、再び部分日食の太陽が顔を覗かせたのは、午前8時過ぎでした(4枚目)。

ハラハラ、ドキドキの世紀の天体ショー。
皆さんは、美しい金環日食をご覧になられましたか?

次回、大阪で金環日食を観測することができるのは、ちょうど300年後の2312年。
今から精進して、300年後に人間として生まれ変われたなら、再び金環日食を観測することができるかも…??

※5枚目の写真は、カメラのレンズに日食グラスを付けて撮影してみたのですが、カメラのレンズと日食グラスが若干ずれてしまいました。でも、そのおかげで、ちょっと面白い写真が撮れたかな…?と。
6枚目は、薄曇が掛かっていたので、日食グラスを付けずに部分日食を撮影していると、ちょうど飛行機が通りました。機内から見える金環日食ってどんな感じなのでしょうね。
7枚目は、部分日食と金環日食の経過を合成しました。

【撮影日/2012.05.21】

Comments

name
comment
ふくふく : URL

#- 2012.05.23 Wed 00:15

 見ましたよ~。曇りだと思ってたので起きてみてびっくり。快晴!
お弁当を作りながら何度も外へ出たり入ったり。
日食めがねを、天文台の方の指導のもと作ったのが11月。めがねは売り切れるでしょう・・・
その言葉通りになりました。こんなに大変なことだとは思わなかった。
 飛行機の写ってるのが好きですね~。
綺麗に見えたのに、写真を写す技術が無いのが残念でした。

恭太郎 : URL

#aIcUnOeo Edit  2012.05.24 Thu 22:43

>ふくふく さま

こんばんは。
ふくふくさんがお住まいの地域では晴天だったのですね!
バッチリ金環日食を観測できたようで良かったですね。
次回の天体ショーは、来月6日の金星の太陽面通過だそうです。
金環日食とかに比べて、ちょっと地味な感じもしますが、こちらも、かなりレアなことなんだそうで、晴れていれば何処でも観測できるそうなので、ふくふくさん自作の日食グラスの出番はまだありそうですね(^^)

comment form
(編集・削除用) :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。