FC2ブログ

写真日和Ⅱ

ホーム > スポンサー広告 > スポンサーサイトホーム > 季節の花 ― 夏 > 廬山寺の桔梗

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.19 Thu 廬山寺の桔梗

110710-01.jpg

110710-02.jpg

110710-03.jpg

110710-04.jpg

110710-05.jpg

昨年エントリーできなかった“お蔵入りシリーズ”第5弾。
今回は、京都・廬山寺の桔梗をエントリーします。

廬山寺は紫式部の邸宅跡として知られ、平安朝の庭園の「感」を表した「源氏庭」には、毎年6~7月頃になると、桔梗の花が彩りを添えます。

源氏物語に出てくる「朝顔」とは、まさに現在でいうところの「桔梗」を指し、また、物語に登場する花散里の屋敷は、この廬山寺のあたりを想定していたものと云われているそうです。

本堂の濡れ縁に座って源氏庭を眺めていると、白砂と鮮やかな青苔、そして、涼しげな桔梗の紫が絶妙なコントラストを演出し、一服の清涼剤となって真夏の日差しを忘れさせてくれました。

【撮影日/2011.07.10】

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。