FC2ブログ

写真日和Ⅱ

ホーム > スポンサー広告 > スポンサーサイトホーム > 季節の花 ― 夏 > 黒谷・西雲院の蓮

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.26 Thu 黒谷・西雲院の蓮

110710-11.jpg

110710-12.jpg

110710-13.jpg

110710-14.jpg

110710-15.jpg

110710-16.jpg

110710-17.jpg

110710-18.jpg

昨年エントリーできなかった“お蔵入りシリーズ”の第7弾。
今回は、京都・黒谷の金戒光明寺塔頭にある西雲院の蓮をエントリーします。

西雲院は、「黒谷さん」の通称で親しまれる金戒光明寺の塔頭寺院のひとつで、幕末の動乱期に京都守護職となった会津藩の本陣が黒谷に置かれたこともあって、鳥羽伏見の戦で戦死した会津藩士352名を会津藩の侠客・会津小鉄がこの辺りで荼毘に付したことから、会津藩士の菩提寺として知られており、近くには会津藩戦没者墓地が広がっています。

さて、普段はひっそりとした西雲院ですが、春には牡丹、そして夏の今の時期には、鉢植えされた多品種の蓮が咲き、写真愛好家にはよく知られた花の寺です。

訪れたこの日は、蓮の花はまだ咲き始めだったものの、朝の光を浴びながら咲く蓮は、実に美しいものでした。

【撮影日/2011.07.10】

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。