FC2ブログ

写真日和Ⅱ

ホーム > スポンサー広告 > スポンサーサイトホーム > 紅葉 > 大阪市公館の紅葉

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.12 Wed 大阪市公館の紅葉

121202-36.jpg

121202-37.jpg

121202-38.jpg

121202-39.jpg

121202-40.jpg

121202-41.jpg

121202-42.jpg

121202-43.jpg

121202-44.jpg

121202-45.jpg

藤田邸跡公園をあとに、何気なく隣の大阪市公館の前を通りがかろうとすると、「本日、一般公開」の文字が見えました。
公館の前はよく自転車で通るので、その存在は知っていましたが、これまで敷地内に入ったことが無く、せっかくの機会なので見学させて頂くことにしました。

大阪市公館は、昭和34年に「第5回日米市長及び商工会議所会頭会議」が開催されたことを機に、大阪の迎賓館として建設されたものですが、元々は、やはり藤田傳三郎の網島御殿の敷地だったそうで、現在の太閤園から藤田邸跡公園、そして大阪市公館と続くその広大な敷地面積に圧倒させられるばかりでなく、当時、大阪が東京を抜いて日本一の商業都市「大大阪」と云われた由縁に改めて気づかされます。

さて、本館と二つの庭園を含めた約4千坪の敷地を誇る現在の大阪市公館は、国内外の賓客や首脳会談、大阪市民表彰式などの各種式典などに使われているほか、結婚式などのパーティ会場として広く市民に利用されていますが、今年7月には橋下徹大阪市長の意向により、来年度より廃止の方針が打ち出され、民間からの活用方法を公募することが決まりました。

そんな大阪市公館の東庭園には、茶室を含む池泉回遊式の日本庭園が広がり、この日は、ちょうど見頃を迎えていたモミジの紅葉が、晩秋の名残を惜しむかのように美しく色づいていましたが、民間に移譲されても、現在の状態を維持しながら、今後も市民が気軽に見学できるような施設となってもらいたいものです。

【撮影日/2012.12.02】

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。