FC2ブログ

写真日和Ⅱ

ホーム > スポンサー広告 > スポンサーサイトホーム > > 大御堂観音寺の桜と菜の花

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.28 Sat 大御堂観音寺の桜と菜の花

120415-01.jpg

120415-02.jpg

120415-03.jpg

120415-04.jpg

120415-05.jpg

120415-06.jpg

120415-07.jpg

120415-08.jpg

120415-09.jpg

120415-10.jpg

120415-11.jpg

120415-12.jpg

120415-13.jpg

120415-14.jpg

120415-15.jpg

例年より遅れて満開となった今年の桜も、いまはすっかり葉桜となり、いよいよ新緑が眩い季節になってきました。
そんな中、相変わらずのんびりモードでお送りしている今年の桜シリーズも最終章となりました。

さて、京都と奈良、そして大阪との県境付近に位置する京田辺。
同志社大学の京田辺キャンパス近くにある大御堂観音寺の桜を予てより見てみたかったのですが、今年は当初の計画を変更して、急遽、見に行ってみることにしました。

大御堂観音寺は、知る人ぞ知る、隠れた桜の名所。
桜のシーズンになると、参道の両脇に広がる畑一面に、菜の花が黄色の絨毯を敷き詰め、桜と菜の花の競演を楽しめることで、写真愛好家など、一部の人には良く知られています。

しかし、「隠れた桜の名所」といいながらも、それは昨年までの話のようで、どうやら、訪れた数日前にテレビで紹介されたらしく、この日は日曜日ということもあって、大勢の花見客が次々とやって来ていました…。

近くにある製茶会社の店舗の方に話を伺ってみると、「例年はこんなに人は来ない。今年はなんでこんなに人が多いんやろ…。」と不思議そうに首を傾げておられましたが、同じく近くで営業する「普賢寺ふれあいの駅」の方によると、「いつもはこんなに人は多くないけど、昨日・今日とエラい人出ですわ。こないだテレビで放送されたからかもわからんねぇ。」と、普段は静かな店舗が賑わっていたことに、嬉しい悲鳴をあげておられました。

観音寺の桜も、例年より開花が遅れていたようですが、訪れた日には、満開~散り始め。
家族連れなどの花見客らは、辺り一面を黄色く染めあげた菜の花と桜の競演を楽しみながら、のんびりと過ごしていました。

【撮影日/2012.04.15】

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。